コツと効果

読む事で魅力を伝えるパンフレット作成のコツと効果

パンフレットは企業と読み手を繋ぐコミュニケーションツールとも言える印刷物です。
商品価値、サービスや製品の魅力を顧客に対して伝える目的でパンフレット作成を行うことになりますが、魅力を伝える事が出来るパンフレット作成を行う事で利益を高める効果や認知度を高める効果などを期待する事が出来ます。
認知度を高めることで、今までブランドとしての価値や知名度を持たなかった企業の商品のブランディングが実現すると言ったメリットも在ります。

しかし、どのような方法でパンフレット作成を行えば魅力を伝える事が出来るのかと言う事を考える事が大切です。
パンフレットは商品やサービスなどの紹介や案内を行う目的で企業と顧客を繋ぐコミュニケーションツールとして利用される印刷物であり、紹介や案内を行うためには文章を書いて、顧客が読んで貰って魅力を伝える必要が在ります。

パンフレットを手に取り、ページをめくった時、そこにはぎっしりと文章が記載されていると読む人にとって文章を読むのが面倒と感じてしまい、パンフレットのページをめくることを止めてしまう事も在ります。
営業マンが顧客に対して説明を行う場合などでは、パンフレットを見ながら営業マンが直接話をしてくれるので、耳を傾けておくことで商品やサービスのアピールを行うことは出来ますが、顧客にパンフレットを提供した場合は読み手となる顧客がパンフレットを読む気持ちにならなければ商品アピール、サービスに対しての魅力を伝える事は出来ません。
そのため、読み手が興味を持つ工夫を取り入れる事がパンフレット作成には大切であり、文章などは必要数以上を掲載しない事や、興味を抱きやすくするデザインを取り入れた形でパンフレット作成を行うことが大切です。

カタログなどの場合は写真を中心にページが構成されており、カタログを手に取る人はページをめくりながら写真を見て商品の良さなどを知ることが出来ます。
パンフレットは案内と言う目的が有る印刷物と言う事からも、カタログと比較をすると文章の量は多くなりますが、文章を読むだけではなく写真やイラスト、図といったものを利用することで視覚的に見る事が出来るパンフレットにし、魅力を伝えやすくしてくれます。
色の使い方などについてもページ毎に配色を変えると言った工夫を行うことでパンフレットを読む人に飽きさせない工夫を行うことが出来ますし、何らかの手順を説明する場合などでは文章だけではなくイラストや写真などを併記して説明を行う事で読み手にとって親切なパンフレットに仕上がります。